「からだの事で悩んだら、佐久間薬局に相談しよう!」
お客様にとって頼れる存在でありたいと思っております。

最近は、より高いレベルの漢方が求められています。開業以来”お客様の身体の悩み 親身になって対応する”を念頭に二人の薬剤師が、親切・丁寧に豊富な知識で漢方相 談を承っています。
カウンセリング(相談)は無料で行っておりますので、お気軽にご来店ください。

最新のテーマ

木鶏丹

木鶏丹

木鶏丹

 もう、今年も10月が終わろうとしています。11月になるともう年末のことを考えてしまいます。年末は忘年会などお酒を飲む機会も多くなり、肝臓が心配になります。
 最近、新薬(病院・医院さんから処方される薬)で、ある肝臓病の特効薬が発売されたと話題になっています。1錠数万円もする薬です。あまりに高価な薬のため、誰にでも処方されるのではなく、薬にあった病気かどうかしっかり検査を行ってから、許可を得てからでないと処方されない薬です。

 実は中国の漢方薬にも20年以上前から肝臓病に使われてきた薬があるそうです。複方木鶏顆粒(ふくほうもっけいかりゅう)という名前らしいのですが、中国では肝炎、肝硬変、肝癌などの肝臓病の第一選択薬(ファーストチョイス)だそうです。
 その他中国漢方では雲南白薬(うんなんびゃくやく)が有名で、成分に田七人参(でんしちにんじん)と芍薬(しゃくやく)がメインに含まれる漢方薬です。

 複方木鶏顆粒の成分は4つの薬草から構成されていますが、日本で発売された健康食品である、木鶏丹(もっけいたん)はそのうちのメインの2種類の薬草が、中国の複方木鶏顆粒と同じ分量入っています。

 市販の健康食品で、肝臓に鬱金やシジミなどが良いと耳にしますが、この木鶏丹や田七人参もおすすめ出来ると思います。
 お酒や肝臓病が気になる方は1ヶ月試してみてはいかがでしょうか?

 

 

                                   2015.10.30

 

過去のテーマ過去に掲載したテーマを新しいものから5件表示しています。

過去のテーマをもっと見る

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。